· 

Specialized Turbo Levo SL の改造おすすめ~!【後編】

 

SpecializedのTurbo Levo SLをスタッフ一同が乗りこなしてみての

おすすめ改造をご紹介いたします!

 

まとめるとこんな感じです。

 

【前編】

★1st ステップ★

ハンドル→カーボン

ステム→アルミ削り出し

サドル→軽量化

 

★2nd ステップ★

フロントフォーク→36mm以上の太さ

ドロッパーシートポスト→FOX Transfer

 

【後編】

★3rd ステップ★

ブレーキ→マグラ

タイヤ→スペシャライズドT9コンパウンド

 

★Final ステップ★

ドライブトレイン→シマノXTR or XT

ハブ→シマノ

 

え!こんなに換えちゃうの???

全部じゃーん!

って思われた方も多いかと思いますが、劇的にバイクがよくなります。

どう良くなるかと申しますと、

登り性能はそのままで、

下りがほんとに普通のトレイルバイクとなんら変わらないくらいに楽しくなっちゃう

最強バイクに変身しちゃうのです!

 

そして、なんと、、、

当店では、プレミアム会員制度というものがあり、

年会費12,000円で入会でき、

1ポイント1円でお買い物に使用できるポイントが

お買い物金額(税抜)の20%以上貯まる超お得な制度があります。

 

つまり、520,000円のTurbo Levo SL Compを購入いただいたら、

104,000円分のポイントが貯まり、

そのポイントを改造にまわすことができるのです!!!

 

それでは解説していきます。

 

★3rd ステップ★
・ブレーキ → マグラ
・タイヤ → スペシャライズドT9コンパウンド
制動力とコントロール性の高いブレーキに!
ブレーキはMAGURA(マグラ)が断然おすすめです。
制動力とコントロール性の両立を高い次元で果たす最高のブレーキです。
マグラはグレードが低くてもキャリパーが上位グレードと同じで非常に高性能です。
■トレイルライド利用であれば、、、
①MT7を前後に載せてディスクローターのサイズは180mmで十分でしょう。
注意点はリアに200mmを入れてしまうとコントロールが難しくなるという点です。
MT7はダウンヒルやエンデューロ用ですので非常に制動力があります。
すぐにタイヤロックしてしまい危険な場合もあるので迷ったら小さめのディスクローターを入れることをおすすめします。
■前後4ポッドでお手頃に済ますには、、、
②リーズナブルなMT5です。
ブレーキキャリパーは上位グレードと同じですが、ブレーキレバーが上位グレードと異なり2フィンガー用となっているので別売りのHC1フィンガーレバーに交換がおすすめです。
■制動力よりコントロール性重視の方やトレイルがメインで体重軽めな方は、、、
③MT Trailシリーズです。
このシリーズはフロントが4ポッド、リアが2ポッドの前後セットです。
制動力が足りないのでは?と思われるかもしれませんが、
実際Levo SLはちょっと改造すると16~17kgくらいになるので、
つまりエントリーグレードのフルサスバイクと同じような重量になります。
なので、
E-Bikeだからと言ってすごい制動力が必要だということはLevo SLの場合はありません。
普通のバイクと同様に考えて問題ありません。
それよりも体重やバックパックの重量のほうが大きく影響します。
ですので、普通のトレイルバイクでのトレイル走行はフロント4ポッド、
リア2ポッドで十分なので、Levo SLにはこのMT Trailシリーズもおすすめなのです。
リアが2ポッドということでリアのコントロール性が上がるので
トレイルを削らずに済み丁寧なライディングができます。
トレイルにおいては、フロントブレーキを多めにかけるのでフロントブレーキが大事です。
ディスクローターは180mmで十分でしょう
逆に初級者が制動力の高いブレーキを使用するとブレーキロックし、
いきなりタイヤが滑って転倒につながり危険です。
良いブレーキはブレーキレバーを握り込む必要が無く
思い通りにブレーキをかけれるので、常に腕がリラックスした状態で
柔軟なライディングを楽しむことができます。
 
グリップ力の高いタイヤに!
おすすめは、スペシャライズドのT9コンパウンドを使用しているタイヤです。
エントリーフルサスバイク程度の重量のあるLevo SLを支えるタイヤとして、
少しコシのあるグラビティ系のT9コンパウンドのタイヤがおすすめです。
重量がある場合はある程度しっかりしたタイヤのほうが安定感があります。
このT9コンパウンドは非常にグリップ力が高く、
トレイルでよくある湿った岩や根っこを通過する際にも
ググッとグリップして抜けてくれます。
また凍結路面にも強いです。
★Final ステップ★
・ハブ → シマノSLX以上
・ドライブトレイン → シマノXTR or XT
ハブ
トレイルで加速しようと漕ぎを入れるとき、
トレイル内で休憩したり登りの途中で写真を撮るために止まってからリスタートするとき、
そんなときに純正のハブだとノッチ数(踏んだときにかかる爪数)が少なく、
カコンッといって少し回ってから駆動がかかると思います。
予算を気にしなければ、
Industry Nineのhydraハブなんかは軽くてエンゲージメント
(踏んだ時にペダルがどのくらい回った時にかかるか)が0.52度ということで
ほとんど遊びも無いのでおすすめです。
しかし高い!ので、お得に済ませたい方にはシマノハブがおすすめです。
シマノハブの中でもXTR、XT、SLXであればエンゲージメントが7度ということで
漕ぎ出しのかかりが非常に良いです。
あのクリスキングが70ノッチということからすれば十分でしょう。
実際の使用感も十分すぎます。
そして価格がリーズナブルです。
XTRにもなるとリアハブだけでさすがに約3万円となりますが、
約65gほどXTRより重量増となりますが
XTグレードであればリアハブでも1万円を切る価格でおすすめです。
そしてシマノハブは音が静かで転がりもよく
トレイルライドを楽しみたい方には特におすすめです。
SLXグレードになるとXTグレードからさらに50g増となってしまうため
ちょっと重くなっちゃうかなという感じです。
ハブを交換ということは、リムはそのまま流用でも大丈夫ですが
スポークは新調する必要があります。
シマノハブはストレートプルスポークに対応したハブもあり
完組ホイールのようなまとまりのホイールに仕上がります。
通常の首折れスポークの場合は様々な色のホイールにカスタムが可能で、
手組み感、カスタム感を出すことができ、
いよいよ本当の「脱・完成車」といった感じになります。
ドライブトレイン
フリーハブがマイクロスプライン規格になるので、
シマノのカセットスプロケットを入れることになり、
シフターとリアメカもシマノに変更する必要があります。
しかしドライブトレインをシマノに交換することにはメリットがあります!
シマノのシフターはXTRとXTグレードだと、
リリースレバーを押し込むと一気に2段変速が可能なのです。
なので、トレイルで不意に下りが来た!って時でも、
シフトレバーを2回も押しこめば4段も一気に重くなるので十分です。
それがシフトレバーを連打しなければならないと、
そっちに気を取られてしまいフォームやブレーキングなどを気にする余裕が無くなってしまいます。
せっかくの走りに集中するにもシマノのシフターはおすすめです。
また、シマノのコンポーネントは基本的にリーズナブルかつ消耗品が手に入りやすいです。
E-Bikeだとカセットスプロケットの歯が飛びやすいですがお値段的にも安心ですね。
そして、シマノのXTRやXTグレードともなれば変速が滑らかで気持ちよいです。
XTグレードでのホイール組み換え(リム再利用28ホール)と
ドライブトレインの入れ換えで当店ですと10万円以内で可能です。
・XTRシリーズ
カセットスプロケット \38,344
リアメカ \25,259
シフター \12,975
フロントハブ \18,505
リアハブ \28,671
・XTシリーズ
カセットスプロケット \15,590
リアメカ \11,140
シフター \5,969
フロントハブ \9,286

 

リアハブ \5,555
このように、山梨県の真ん中にある当店では
多くのスタッフやお客様がLevo SLを乗りこなしていて、
南アルプスマウンテンバイク愛好会などのE-Bikeに最適なフィールドが
近くにありますので知見が蓄積されています。

 

E-Bikeで走るフィールドから機材についてのご相談まで何でもお受けしますので
ぜひ当店に足を運んでいただければと思います。

CARNOSA INDOOR BIKE PARK

[カルノーサインドアバイクパーク ]

 

409-3866

 山梨県中巨摩郡昭和町西条5047

 TEL:055-288-1125

 info@carnosa.net

 WEBSHOPはこちらから!!


Please check our SNS!


SHOP INFO--------

【CARNOSA CAMP】

ADDRESS: 山梨県甲府市徳行3−13−22

TEL:   055-298-6345

Mail:   info@carnosa.net

 

【営業時間】10:00 - 19:00  

(2020.6~変更になりました)

定休日:  水曜日/木曜日(祝日営業)

駐車場20台以上

 

SHOPMAP------------------------

SHOPVIEW------------------------------


SHOP INFO--------

【CARNOSA INDOOR  BIKE  PARK】

ADDRESS:  山梨県中巨摩郡昭和町西条5047

TEL:  055-288-1125

Mail:   info@carnosa.net

 

【SHOP & PARK】10:00 - 19:00

 (金曜日のみ 12:00-21:00)

 

【CAFE FRAME】11:00 - 19:00

  FOOD 11:00-16:30

 Dessert&Drink 11:00-18:00

Take Out 11:30-16:00

 

定休日:  水曜日/木曜日(祝日営業)

駐車場20台以上

 

  SHOPMAP------------------------

 SHOP VIEW------------------------


SHOP INFO--------

【CARNOSA RC PARK】2021.5.15GRAND OPEN!!

ADDRESS:  山梨県甲府市後屋町378

Mail:   info_rc@carnosa.net

【営業時間】

月・火・土:13:00-20:00

金曜日:13:00-21:00

日曜日・祝日:10:00-19:00

 

定休日:水曜日/木曜日(祝日営業)

※都合により、営業日・営業時間を変更する場合がございます。ご来店前に、RCページカレンダーにて営業をご確認ください。

 

 

 

  SHOPMAP------------------------

 SHOP VIEW------------------------