· 

マウンテンバイクのハイシーズン来る!-山梨のMTB,BMXショップ カルノーサインドアバイクパーク-

だいぶ暖かくなってきて
スキー場のマウンテンバイク常設コースも
どんどんオープンしています!
もちろん既存のトレイルもあります!
山梨県はマウンテンバイクのフィールドへのアクセスがもう最高です!
例えば、、、
・富士見パノラマスキー場
・ふじてんスキー場
・白馬岩岳スキー場
・白馬47スキー場
・トレイルカッター
・CAB Trail
・金川の森森林公園
・フォレストアドベンチャー
・韮崎市穂坂自然公園
・道志ディアトレイル
そして、、、
当店にあるインドアバイクパーク「ダートボール」もプロデュースしたYBP
本拠地は山梨県北杜市の八ヶ岳山麓にあります。
フィールドは初心者や子供でも楽しめてスキルアップもできるBMXやマウンテンバイク向けです。
レンタルバイクやヘルメットもあり、体験レッスンも開催しています。
インターにも近くて、
近隣にはおいしい食事処やカフェもたくさんあります。
そしてそして、、、
当店でもサポートをしている南アルプスマウンテンバイク愛好会でも、
自身でも10数キロのトレイルネットワークを管理していて
さらに約100名の会員組織となっているため
マウンテンバイク仲間を作りやすく
会員同士で走りに行ったり
ライディングをいちから教えてもらえたりと
マウンテンバイク初心者にも優しくありがたい存在です。
レンタルバイクも備えています。
詳しくはこちらから↓

 

そしてそして、
レンタルでもいいですが
やはり自分の乗り方や重点を置いている走行環境、
そして何より自分の体型に合ったカスタムされた1台を持つことが
特におすすめです。
ということで、
だいぶ前置きが長くなってしまいましたが、
主なマウンテンバイクのカテゴリーと
上記のフィールドにおすすめのカテゴリーをご紹介します。
①E-MTB(Specialized Levo SL)

https://www.specialized.com/jp/ja/turbo-levo-sl

まずは、登りが超ラクな電動アシスト付マウンテンバイク!

え!?

と思われるかもしれませんが、

スペシャライズド製のLevo SLという軽量モデルは

カーボンモデルで17kg台、アルミモデルで19kg台で、

改造すると15~16kg台にもなります。

 

それがどのくらいの重量かと言いますと

フルサスのエントリー向けバイク(20~30万円台)で14~15kgくらいになるので、

つまりほとんど重量差が無いにもかかわらず、

登りが超速で楽々なわけです!

 

しかもジオメトリーは代表的なトレイルバイクのスタンプジャンパーとほぼ同じなので

登りが楽で下りが超楽しいオールマイティな1台なのです!

 

つまり、最強ってことです!

なので、まずはの1台にはとにかくSpecialized Levo SLがおすすめです!

トレイルに誘われても、

常設コースに誘われても、

どこでも心配なく楽しめちゃいます!

 

 

SantacruzのHecklerもおすすめです! 

https://www.santacruzbicycles.com/ja-JP/bikes/heckler

Levo SLよりは重量はありますが

それでも21kg台で

さらにモーターユニットもShimanoのEP8で

ハイパワーかつバッテリー容量も大きく

標高差のある登りでも楽にガンガン登ってくれます。

しかし、VPPリンクがグイグイと前に押し出してくれて

とても気持ちの良いバイクです。

 

②エンデューロバイク(トレイルバイク含む)

次に、電動アシストの無いエンデューロ(トレイル)バイクがおすすめです。
前述のLevo SLよりもよりアグレッシブな設計になっている
バイクが特におすすめで、
例えば、
・Specialized Stumpjumper evo
・Specialized Enduro
・Santacruz Megatower
・Santacruz Hightower
・Santacruz Nomad
・Santacruz Bronson
・Santacruz 5010
・Rockymountain Altitude
・Rockymountain Instinct
・Scott GENIUS
・Scott Ransom
などなど
あたりもとても楽しく1台でこなせちゃうバイクです。
ただし、
登りについてはよりお金をかけて軽量化することで楽にできますがE-MTBにはかないません。
そこをどうお考えになられるか、といったところが
E-MTBとエンデューロ(トレイル)バイクのどちらにするか

 

悩みどころであります。
③ダートジャンプバイク
専用設計されたジャンプやコーナーなどが配置された
専用パークやパンプトラックで楽しむバイクです。
ヘッド角が立っていて、
ホイールベース短く小回りが効き、
サドルはベタ下げ、
変速機も付いていなくてシングルスピード、
ほぼほぼスリックタイヤ、
パークだけで遊ぶ場合はリアブレーキのみという
非常にシンプルなマウンテンバイクです。
・Mongoose FIREBALL
・Specialized P3
④クロスカントリーバイク
クロスカントリーバイクはとっても軽量なバイクで
登りに特化していますが、
近年はクロスカントリーレースのコースの
難易度が上がりドロップオフや激しいセクションもあるので
下りもこなせる設計や仕様になってきています。
ライディングの超うまい方であれば
クロスカントリーバイクでどんなところでもこなせるでしょうが
なかなかそんな方はいらっしゃらないと思いますので
どこでも対応できるものではないでしょう。

 

 

⑤ダウンヒルバイク
ダウンヒルバイクはその名の通り下り専用マシンです。
常設ダウンヒルコース限定であれば絶対におすすめですが
いろんなところを1台でこなす上で難ありです。
あくまでも2台目以降に選ぶバイクカテゴリーになります。
ということで、
まずは①E-MTBと②エンデューロ(トレイル)バイクのどちらかにされることが無難でしょう。
実際はお客様の様々な環境にも左右されるので

 

まずはご来店いただき

 

スタッフにお気軽にご相談くださればと思います。

CARNOSA INDOOR BIKE PARK

[カルノーサインドアバイクパーク ]

 

409-3866

 山梨県中巨摩郡昭和町西条5047

 TEL:055-288-1125

 info@carnosa.net

 WEBSHOPはこちらから!!


Please check our SNS!


SHOP INFO--------

【CARNOSA CAMP】

ADDRESS: 山梨県甲府市徳行3−13−22

TEL:   055-298-6345

Mail:   info@carnosa.net

 

【営業時間】10:00 - 19:00  

(2020.6~変更になりました)

定休日:  水曜日/木曜日(祝日営業)

駐車場20台以上

 

SHOPMAP------------------------

SHOPVIEW------------------------------


SHOP INFO--------

【CARNOSA INDOOR  BIKE  PARK】

ADDRESS:  山梨県中巨摩郡昭和町西条5047

TEL:  055-288-1125

Mail:   info@carnosa.net

 

【SHOP & PARK】10:00 - 19:00

 (金曜日のみ 12:00-21:00)

 

【CAFE FRAME】11:00 - 19:00

  FOOD 11:00-16:30

 Dessert&Drink 11:00-18:00

Take Out 11:30-16:00

 

定休日:  水曜日/木曜日(祝日営業)

駐車場20台以上

 

  SHOPMAP------------------------

 SHOP VIEW------------------------


SHOP INFO--------

【CARNOSA RC PARK】2021.5.15GRAND OPEN!!

ADDRESS:  山梨県甲府市後屋町378

Mail:   info_rc@carnosa.net

【営業時間】

営業日・営業時間が不定期となります。

詳しくはRCページ営業カレンダーをご覧ください。

 

 

  SHOPMAP------------------------

 SHOP VIEW------------------------